忍者ブログ
忍者ブログ [PR]
長崎を拠点に活動しています「劇団」謎のモダン館の稽古場日記です!
[93]  [92]  [91]  [89]  [88]  [87]  [86]  [85]  [84]  [83]  [82
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
[01/13 しらはま]
[01/07 しらはま]
[01/07 しらはま]
[08/18 しらはま]
[08/15 フミ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
modankan
性別:
非公開
自己紹介:
謎のモダン館
1996年に長崎で旗揚げし、
ミステリアスな作品を中心に上演しています。
舞台作品の公演活動のほか、
「謎のモダン館のSuper Romantic Project」
というラジオ番組もO.Aしています!
バーコード
ブログ内検索
カウンター
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

仕事の後に雲仙から稽古場まで通っている24歳。
去年まで福岡で暮らし、その福岡でコントライブに出演を続けている24歳。

モダン館に入団したきっかけは、昨年上演した蠍城の麗人を福岡で観劇したことだという。

雲仙というと、長崎市内から1時間を越える道のり。
仕事の後なので稽古場への到着は22時を回る。
ちょうどモグラ道の稽古が終盤にさしかかったくらい。
モグラ道の稽古の後に酒井君を育てる時間がやってくる。
流星仮面、嘘偽りなき化身、僕の作品をとにかく体で覚えてもらう。

これまでに体験したことのない感覚に、酒井君は素直に反応し感激してくれる。

と、稽古を終わろうかな・・・と、したその時・・・

「コントの台本、今度やるヤツを持ってきたんですけど、読んでもらえませんか?」

ほう!読みたい!!

酒井「白濱さん、この役をやってもらっていいですか?」
白濱「お、俺が?」
酒井「あ、はい!」
白濱「俺がこの役を読んだらいいの?」
酒井「あ、はい!」
飛永「ほう!」
フミ「みた~い!」
白濱「わ、分かった!い、いきなり読み合わせやる?」
酒井「いや、一回通して読んでください」
白濱「あ、はい!」

読む・・・・・よく分からない・・・・・。

白濱「とりあえず、やってみようか」
酒井「お願いします!」

・・・・・・・・・・・・

おもしろい!
台本って意味では、いろいろアドバイスはしたけど、アイディアやセンスは凄くいい!
稽古後に「影武者修行とその他2編」の話になって、アスラン(フミ作)とキャンドル(マユ作)褒めてた!
せ、センスいい!!

これは久々に大型新人の登場だぜ!
バリバリ仕込んで、早いトコ皆さんの前に立たせたい!

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


<< 花粉も落ち着いてきました昨今HOME謎すぎる >>