忍者ブログ
忍者ブログ [PR]
長崎を拠点に活動しています「劇団」謎のモダン館の稽古場日記です!
[51]  [50]  [49]  [47]  [46]  [45]  [44]  [43]  [42]  [41]  [40
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[01/13 しらはま]
[01/07 しらはま]
[01/07 しらはま]
[08/18 しらはま]
[08/15 フミ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
modankan
性別:
非公開
自己紹介:
謎のモダン館
1996年に長崎で旗揚げし、
ミステリアスな作品を中心に上演しています。
舞台作品の公演活動のほか、
「謎のモダン館のSuper Romantic Project」
というラジオ番組もO.Aしています!
バーコード
ブログ内検索
カウンター
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

たまに本役をはずして別の役者にやってもらう事がある。
そういう時はたいてい盛り上がるのだけど、目先が変わったって事で「面白い」と感じているだけという事もよくある。
だから、面白いのでそれを取り入れるという事はほとんど無い。
「アジト」のようなジャンルの芝居になると、その見極めはかなり難しいと思う。
「笑わせる」事を至上命題にして取り組む・・・つまり「笑わせる」事をミッションとして稽古している以上、面白くなければ「意味すらない」とも言える。

恐ろしい事だ・・・。

笑ってもらえなければ、意味すらない・・・。

自分で書いていて「消した方がいいかも」と少し迷ったが・・・続けます。

笑わせる為には笑わせる仕掛けが必要だが、こうやったら笑うなんてセオリーはあまり無いので、その時・その役者によるところが大きい。
稽古を見ていて、ああそうかと新人に教わる事もある。そんな時、得したような気分になる。

今日の部分稽古では、細かい演出をつけた。理解し次へ進めるのは嬉しい!

CIMG0702.jpgCIMG0748.jpgCIMG0705.jpg








拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:


<< ボリューム!HOME台本脱稿! >>